投稿

カナダの納豆って本当に高いですか?

イメージ
日本では手頃の値段で買えたものなのに、カナダでは驚くような高さなので、我慢して「買わない」という人がいます。 たしかに、様々な食材が高いと思います。 その代表的なものが、納豆ではないでしょうか。 僕は納豆が好きなので、よくいただくのですが、周りの日本人からは「高いので我慢している」という声をよく聞かれます。 だけど、本当に高いのでしょうか? 個人的には3パック入り、2ドルから2ドル50セントあたりで買っていますが、実際に購入される方は、3ドルという価格で買うケースが多いかな、と思います。 日本だと、だいたい1パック100円ぐらいですよね? おそらく、安売りだったらもっと安く買えたりすると思うのですが、仮に3ドル(カナダ)と100円(日本)で計算してみましょう。 本日のカナダドルのレートは、1カナダ・ドル、80.58円。 近年90円近いレートだったのですが、ずいぶんと円高になりましたね。 とりあえず、80円で計算してみましょうか。 3ドルの納豆は、240円です。 1個単価になると、80円ですね。 さすがに365日は食べないけど、仮に1年間で300日いただくとしましょう。 すると、一年間の納豆代はカナダでは24,000円です。 対して、日本は3パック入り納豆が、100円割ることの3個で33.33円(1パック)。 それを300日いただくと、9,999円。まあ1万円です。 ということは、カナダでほぼ毎日年間300日納豆をいただくということは、およそ1万4千円の違いになります。 もちろん、一年間でなく、6か月滞在の方は、その半分の値段。 また、年間で300個も食べずに、その半分なら、当然値段も半分になります。 僕からしたら、たかだか 7,000円~14,000円のお金を削ってまで納豆を我慢しますか? と思うのです。 もっと、節約できるところは、見つかると思います。 おいしくて、栄養が高くて、気軽に朝食にもなる重宝する納豆をいただくという習慣。それを削ってまで、カナダ生活ってどうなのかなあ??と思うのです。 もし、僕が日本に住んでいて、納豆好きの息子でカナダに行くことになったら、 「お前の餞別だ、これで納豆でも遠慮なく食べなさい」って、2万円ほどお小遣いをあげるでしょう。 納豆をほぼ毎日いただいていると驚かれることがあるのですが、同様にもう1つ驚かされるのが、毎日のお風呂です。

もしかしたらカナダの料理が一番おいしいかもしれない理由

イメージ
カナダに来て、多くの日本人が感じることは、故郷でのおいしい食事ではないでしょうか? 家庭の料理しかり、1コイン500円で食べれる飲食店チェーン、またコンビニでの食べ物だって、カナダでは考えられないレベルの高さです。 だけど、こうして30年くらい暮らして思うのは、なんだかんだ言って「カナダでいただく食事が一番おいしいな」ということです。 その理由をご紹介します。 そもそも人が食事に対して、おいしく感じたり、そうでないと感じるという感覚は、それぞれの立場で違うものです。 ずっと前テレビ番組で、あるジャングルで長く暮らす日本人が、久しぶりにお味噌汁を飲んで、そのうまさに感動して涙するというシーンがありました。 あれは、凄く印象的なシーンでした。 何十年もジャングル生活していて、現地の人を助けていたような仕事をしていたという方だったと思います。そんな人に、日本から来たテレビ局スタッフが、お味噌汁を振舞ったのです。 言葉を失くし、涙を流しながら食べている姿に、思わずもらい泣きしてしました。 その人にとっては、忘れかけていた味。でも、身体は覚えていて、さぞかし心底おいしいと感じたことでしょう。懐かしいお味噌汁の味から、故郷の風景や匂いまで蘇ったのかもしれません。 日本の都会に暮らしていると、至る所においしい食事にありつけます。 一方で、毎日おいしい食事をいただいているので、その感覚が薄れるということもあることでしょう。 「お昼に何を食べようかな」 なんて考えるサラリーマンたちは「昨日は天ぷらいただいたので、今日は洋食でハンバーグ」なんて、いつもおいしい食事を探しています。 一方で、そうした人たちは、 自分の身体がおいしいと感じる感覚を呼び起こすことをあまり考えていない ように思います。 逆にストレスを感じて、やたらに炭水化物や油もの欲し、脳と身体のコントロールがうまくいっていない、ということもあるのではないでしょうか。 仕事帰りにビールを飲んで、その勢いのまま食事、最後はラーメンなんて。 カナダに住んでいる僕にとっては、それもちょっと羨ましい感じもするけど、身体に良くないですよね。もちろん、たまにならいいけど。こういうことをしょっちゅうやっていたら、健康を阻害し、食事を心底おいしいという感覚が失うような気がします。 カナダに住んでいると、アウトドア・パラダイスということもあり、

松茸が王者たる3つの理由

イメージ
この時期、ウィスラーの林道を散歩していると、たくさんのマッシュルームを見つけることができます。 その中でも、日本人のみなさんが、ぜひ見つけたいのが松茸でしょう。 この時期のキノコ狩りでは、松茸以外にもいくつか食べられるキノコ類を見つけることができます。 個人的には、シャントレールの味が好きです。 松茸までいかないまでも独特な香りと味があり、バターなどで炒めるとおいしくいただけます。 しかし、マッシュルーム・ハンティングというテーマになると、松茸ほど楽しいものはありません。 この大きな森の中でも、松茸ほど王者ぶりを感じるキノコ類はないと思いのです。 松茸の気持ちになって、その理由を伝えます。 マッシュルーム・ハンティングの楽しさ まずは、基本的なこととして、この時期のマッシュルーム・ハンティングの楽しさを伝えます。 僕は春になると、山菜採りもします。 カナダでは、こごみ、タラの芽、わらびなど見つけることができます。 山菜採りの場合は、松茸と違って、必ず同じ場所で生えています。 だから、採るのが簡単でつまらない。 松茸の場合には、長年培った知恵や感が必要です。 釣りの場合でも、同様な感覚が必要だと思いますが、松茸採りのように動き回るわけではありません。 松茸の場合には、採れそうなところを歩き回るので、良い運動にもなります。 そして何より、森の中は美しい。 毎日同じようなところを歩いても、天候も違えば、見ている風景も変化するという点において、まさに一期一会。 森から湧き出る水の音を聞きながら、その場でじっとして目をつむり、しばし「音」や「香り」を楽しむことがあります。 秋のマッシュルーム・ハンティングには、そういう楽しさがあるのです。 王者たる理由(1)匂い 松茸が採れる森は、あの松茸独特の匂いが漂って来ます。 こういう匂いが漂うと、「採れそう」という気持ちになります。 実際に、松茸に似ているようなキノコ類の匂いを感じても、松茸のような独特な匂いを嗅ぐことはできません。 松茸だけが祐逸無二の香り漂うキノコ類なのです。 王者たる理由(2)頭が凹まない この時期、松茸を探していると、松茸に似た種類のマッシュルームを見つけることができます。 僕は勝手に「ニセ松茸」とか、言っているのですが、そのニセくんが、どうやらマツタケくんと同じようなところを好んで生えてくるのです。 しかも、

カナダのステーキのグレード AAA、AA、Aの違いについて

イメージ
昨夜、カミさんの親戚がウチに来て、AAAランクのステーキを持って来てくれました。 久しぶりにBBQでステーキをいただきいたのですが、さすがにこのグレードのステーキは「うまかった!」。 そもそもカナダのスーパーマーケットに行くと、Aとか、AAというシールが貼ってあります。 そのレベル分けは、どんなものなのでしょうか? 今回のブログでは、そんなことをご紹介します! PRIME(プライム) プライムグレードの牛肉は霜降りが豊富! 赤身の肉に脂肪が均等に分散されています。 この脂肪の存在は、より柔らかくジューシーな牛肉のカットを意味します。格付けされた牛肉のたった2パーセントのみがプライムグレードを与えられます。 残念ながら、このグレードのステーキはいただいたことがありません。 一年に一度のお祝いに、いただこうかなあ? AAA 昨日、いただいたのがこのグレードのステーキ。 プライムとは異なり、AAAグレードの牛肉には霜降りがわずかしかありません。 プライムと同様、AAAグレードは非常に高品質のカテゴリー。 さまざまな調理方法で弾力性のあるジューシーで柔らかな牛肉を提供すると言われています。 料理方法も簡単!ただ好みの分だけ焼く。あとは、塩でも醤油でもシンプルに食べるだけ。それで最高にうまいステーキが楽しめます。 等級付けされた牛肉の最大50%がAAAの品質とステータスに達しているとのことです。 AA バンクーバーに行って、アジア系のスーパーの T&T でセールをしている時に買います。 霜降りが少ししかないAAグレードの牛肉は、AAAグレードの牛肉から少し下がっています。等級付けされた牛肉の45%はAAに該当。 ステーキや、その他の料理でもおいしく調理できます。 僕はよく、いったん冷凍させて解凍し、切りやすくなったところで薄く包丁で切って、すき焼きや牛丼を作ります。 A 4つの高品質グレードのうち最低のAグレードの牛肉は、脂肪の分布が少ないため、料理するには工夫する必要があると言われています。 薄く切ってカレーライスなどに適しているかもしれませんね。 牛肉を食べて、なかなか噛み切れないガムのようなものがありますが、おそらくそれがAランクの肉かな、と思います。 そもそも僕は、あまりステーキは買いません。 普段は豚肉や鶏肉ばかりです。 というのも、ステーキはチキンやポーク

バンクーバー水族館を守れ!地元プロ・サッカーチーム『ホワイトキャップス』支援マスク

先月、バンクーバーの水族館がコロナ自粛により、営業を停止。 このままでは水族館の運営が困難であると発表し、存続のための募金活動が始まりました。 この投稿をInstagramで見る We’re blown away 💙 A massive thank you to the @whitecapsfc and our collective community. Since the launch of these masks yesterday in support of #SaveVancouverAquarium, over 25,000 have been sold. You can purchase yours at www.VanAquaShop.org 🌊 Vancouver Aquarium (@vanaqua)がシェアした投稿 - 2020年 4月月25日午前11時45分PDT そんな中、地元バンクーバーのプロ・サッカーチーム『ホワイトキャップス』が立ち上がり、水族館とのコラボマスクが登場! デザインは、水族館でも人気あるクラゲのフォトに、ホワイトキャップスのロゴデザインをあしらったものなどがあります。 必要なマスクが買えて、しかも地元のサッカーチームと水族館を応援できて、画期的な試みですね! この支援マスクは、すでに4万枚も売れたのことです! デザインは4種類あり、子供用から大人用まで。 以下の水族館のウェブショップから購入が可能。 価格は、$17.99 - $19.99となっています。 https://vanaquashop.org/vancouver-aquarium-whitecaps-facemask/

カナダで決定しているコロナ対策給付金類のまとめ

すでにカナダが決めており、実施もされている個人的な給付処置をまとめてみました。 もちろん、企業の保証制度などもあるけど、あくまでも誰もが受けて、すでに恩恵も受けている対策になります。 【月に$2,000ドル最大4か月期間が給付されるカナダ緊急対応給付金】 カナダ政府によるカナダ緊急対応給付金で、4ヶ月の間に最大2,000ドル/月が給付される。 https://www.canada.ca/en/department-finance/economic-response-plan.html 【$1000給付するBC州政府が就労者への緊急支援】 コロナによる影響で収入を無くしてしまったBC州に居住している就労者に非課税で一度のみ1,000カナダドルの給付金を臨時的な支援手当として給付。 https://www2.gov.bc.ca/gov/content/employment-business/covid-19-financial-supports/emergency-benefit-workers 【月に最大$500給付するBC州家賃臨時補助】 2020年4月、5月、6月の3カ月において、一時的な家賃補助金を給付。 https://bchousing.org/bctrs 【BC州の電気代が免除される支援】 コロナによって仕事を失ってしまった方などに免除される電気料金が免除される制度。 https://app.bchydro.com/accounts-billing/bill-payment/ways-to-pay/covid-19-relief-fund/residential.html 以上はあくまでも個人的なフォロー策で、当然、他にも企業向けの融資であったり、レンタル代金を免除するような制度もあるのだと思います。(※企業向けのことはくわしくわからないのですが、先日、日本食レストランのオーナーの方から、とりあえずレント代はフォローされるようなことを聞きました。) すでに、先週末だったかな? カナダ緊急対応給付金2,000ドルをもらった仲間も少なくなく、こちらではほっとした空気も流れています。 気のせいか、あの日のウィスラーで散歩している方は多かったです。

YouTubeプレミアを1年近く続けてみてわかったこと

イメージ
YouTubeプレミアとは、月額決まった価格を支払い続けることで受けれるサービス。 大きな特徴としては、広告なしの視聴ができ、ダウンロードができます。 さらに細かいことを言えば、動画再生中に他のアプリを使っているときでもバックグランド再生ができること。 例えば、ユーチューブで音楽を聴きながら、インターネットを見ることができます。 人によっては、この部分が良いということで、このサービスを利用する人がいるのですが、僕個人しては、ダウンロードができるというところに魅力を感じました。 例えば、ユーチューブの動画には、魅力的なコンテンツがたくさんあります。 テレビ番組のような類のものから、映画、音楽、さらには勉強モノなど。 僕は、ウィスラーからバンクーバーまで運転することが多かったり、 また、子供をサッカー場に送ったあとに、 試合始まるまでの時間を持て余してました。 そんなときに、このYouTubeプレミアが良いのでは?と考え、申し込んだのです。 一か月間は、無料で費用は、$11.99(カナダ・ドル) 現在のルートで、960円ほど。 日本での申し込みは、月額料金は1180円となっているので、 現在、カナダドルに対して円高の状況で、ちょっとお得になっています。 これまで、僕はこのドライブ時間に、Apple Music(料金:月980円)を利用していました。 最初は、懐かしの80年代の音楽などダウンロードしたり、最新の音楽を探したり。 結構、楽しかったのですが、意外に聴けないアーティストがいて、ちょくちょくどうしても購入しなければいけない ことがありました。 ZARD、サザンオールスターズ、平井堅、安室奈美恵など。 (※今ではサザンオールスターズ、平井堅、安室奈美恵は配信されているとのことです。) 僕の好きな80年代の音楽は、違法かもしれませんが、様々な方がアップしてくれています。 しかも、当時のテレビ番組やライブ放送などで、単に音楽だけでなく、より臨場感、雰囲気が伝わって来ます。 また、僕はプロレスが好きで、特に入場曲とか大好きなのですが、それらもユーチューブでは、様々なものが上がっています。 当時のアナウンサーのトークを聴くと、改めて自分は入場曲だけでなく、観客の応援など含めて、楽しんでいたのだな、とい