2015年7月15日水曜日

ホワイトキャップス・キャンプ

本日、ホワイトキャップス・キャンプ2日目に参加した大河。
嬉しいニュースがあったのですが、そのことはいずれの機会に。



このホワイトキャップスというのは、バンクーバーをホームにしたプロのサッカーチームです。
北米には、20のプロチーム(メジャーリーグサッカー)があり、内カナダには3チームあります。

なでしこジャパンが最終戦でアメリカと対戦したBCプレイスを本拠に構えるチーム。スタジアムは、ほぼいつも満員でバンクーバーっ子にとっては人気のチームなんですよ。

ホワイトキャップスのキャンプにも様々な種類があるのですが、今回はスコーミッシュ、ウィスラー、ペンバートン周辺の子供たちがこの先もずっとレベルの高いホワイトキャップスのトレーニングに参加できるセレクションでもあります。つまり、コーチに目に留まった子供は、この秋、毎週金曜日に行われるホワイトキャップスのトレーニングに参加できます。そして、こうしたトレーニングに参加できた子供が、将来ホワイトキャップスにユースチームに入って、またさらに才能がある子はプロに昇格できるというわけです。

北米のメジャーリーグサッカーというのは、日本になかなか馴染みがないですが、結構、ビックリするようなビッグネームな選手もプレーしています。
例えば、ニューヨークに拠点を置く、ニューヨーク・シティFCのメンバーは凄い!

長年イングランドのキャプテンとして活躍したランパード、さらにイタリアのチームをコントロールし続けたピルロ、さらにスペイン代表として活躍を続けて来たビジャまでいるんですよ。

ヨーロッパのトップチームから落ちたような格好で来たという面もありますが、彼らのような優秀なベテラン選手が北米でプレーすることは、ここでプレーする選手にとって大きなこと。また、こうした選手が呼べるのも、北米でのサッカー人気が急速に高まっているからでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!