クレアのフィギュアスケート大会

クレアのフィギュアスケート大会に行って来ました。

名称は、
BC/YK SECTION SUPER SERIES:VICTORIA DAY COMPETITION
http://www.skatinginbc.com/competitions/super-series/2016-super-series-victoria-day

大河のサッカーと違って、クレアの大会は、シーズンに1、2度しかない大勝負です。
ママが仕事だっため、お父さんが付き添いになりました。


大会前、やや緊張した趣なクレアに、「緊張しているか?」と、聞くと、
「していない。」とつれない答え。

「本当?」
「うん。」

お父さんとしては、用意しておいた名言を出せず仕舞い。

「緊張というのはなあ。勝てる自信があるから、緊張するんだよ。気にするな。強くなった証拠だよ。」
って、カッコよく言いたかったんだけど。

それでも、どうしても語りたかった僕は、

「クレア、いつもと違うスケートリンクだ。でも、気にするな。ホームだと思え。ここを自分の裏庭ぐらいに考えればいい。決して、余所行きな気分になるな。」

一応は、うなずいてくれるものの、その様子はあきらかに迷惑そう。お父さん、うざい!?


いよいよ会場入りの時。バンクーバー周辺の各エリアから集まって来た精鋭キッズたちが、スケートのバッグをゴロゴロ引いています。なんか、みんなうまそうだな。

そこで、僕はさらにアドバイスをしました。

「クレア、気合入れろ。負けんじゃない!絶対勝つぞ。」

すると、

「だって、他人と争うんじゃないもん。自分でやるだけだから。」

「そうか、それは素晴らしい考えた。そうだ、集中して行こう!」

と、お父さんすぐにアドバイス起動修正(笑)。


我がウィスラーのクラブからは3人の選手が出場です。
大会前に念入りのウォーミングアップ。



日本と違ってカナダのフィギュアスケート代金は安いよ

だけど、2:45に集合して、大会は5:10スタートと待ち時間が長い長い。
クレアは着替えたり、お化粧したり、入念なストレッチングやウォーミングアップとやることはあるのだけど、お父さんは手持ち無沙汰に。

そこで、前から気になっていた「もし、日本でフィギュアスケートしたら、いくら掛かるのか?」ということを、ネットで調べることにしました。

スケートのレッスン代金は、ウィスラーだとシーズンで$3500ほどです。高いなあ、と思っていたのだけど、日本だともっと高そうに思ったので。

すると、そこには驚くような値段が!数百万の数字!!

コンペティションのようなレベルになると、レッスン代もメチャクチャ高いし、コーチの遠征代も選手側で払うんだとか。
おまけに、あの演技中に掛かる音楽代が、なんと5万円も!ウッソ!!

そう言えば、クレアのCDを作る時も、「なんでそのへんで買ってこれそうな音楽で70ドルとか掛かるんだ!」と文句言ったけど、そんなレベルではなかったのです。

しかも、今回クレアのコーチが来てくれたお金だって、クラブ側が出してくれたのだろうし。
クレアのコーチにしたって、現役時代は確かもう少しで五輪に行けるような選手で、これまでにも熱しにアドバイスし続けてくれた優秀なコーチだし。

日本にいたら、こんな大会レベルのようなフィギュアスケートは、とてもじゃないけどお金持ちでないとできないんだな、と思いました。


いよいよ出場!

さあ、こうしてネットしてコーヒーとかいただいている間に、いよいよ出番が近づいて来ました。

間もなく演技することを思い浮かべているのかな、他の選手をチェックするクレア。


まずは、クレアの盟友ナターリアちゃんが最初に出場しました。

終わった後に、ハグ。良く頑張ったね!



クレア、いよいよ出番ですよ。気合入れて行きましょう!



この組に出場するメンバー、合計8名でウォーミングアップ開始。



さあ、入場。ちょっとはにかんでリラックスしている様子です。



演技スタートの瞬間。
スケートって、当然のことながらサッカーと違って、この大きい会場で、たった一人だもんな。カッコいい!



力強いスケーティングで、スピード感が抜群にいい!



おお、スピンもうまくなったね!




このポーズも抜群に決まっているぞ。



他の子供たちも見たけど、もしかしてクレア、金メダル取っちゃったんじゃね!?と思っちゃいました。すみません、親バカモード全開です!(笑

本人も納得の演技に満足そうな様子でした。





さあ、結果は?

スケート会場を出てフロア階に出ると、プロのカメラマンの撮影した写真が、オーダーできるスペースがありました。

お父さんも頑張って良い写真を撮ったけど、さすがに機材が弱くて対応し難かった。
特にスケートの会場って暗いから撮影難しいんですよ。だから、いくつか選んで買うことにしたのです。

でも、この写真オーダーするためのパソコン動作が難しくて、画面が消えちゃったり。わけのわからない編集画面に出ちゃったり。
アジア人のお父さんが四苦八苦をする様子を見兼ねた、よその子が使い方を教えてくれました。
やっぱり女の子ってやさしいね。

それで、なんとかオーダーしていると・・・、目の前にクレアの姿が!

あれ!?結果は、どうだったのかな?

よく見ると、目の前に大きなメダルが!

「おーお、良かったね。おめでとうー!」

すると、「よくないもん。だって、絶対にシルバーは確実だったと思ったのに。」とぶんむくれ。

「そうか、でも良い演技だったし、素晴らしかったよ。ところで、表彰式はないの?」
「あったよ。お父さんが写真探している時に終わっちゃったよ。」
「そうか。あそこの高いところに立ったから、お父さんのこと見えていたんだね。せっかく表彰台で写真を撮りたかったのに、残念だなあ・・・。あっ、あっちに表彰台と似たようなパネルあるから、撮ろう!」



ということで、ブロンズ・メダルでご機嫌斜めのクレアちゃんをパチリ!








コメント