2015年7月21日火曜日

本当は高くない!カナダの消費税


よくみんなカナダに来ると、「消費税が高いなあ。」と言います。

確かに、日本の8%に比べて、カナダBC州の場合、GST(連邦税)が5%とPST(州税)が7%掛かるので、GSTとPSTの合計で12%もの消費税が掛かるように見えます。

しかし、実際に普段のスーパーの買い物で、12%の消費税が掛かることはほぼありません。

以下、最近スーパーでのレシートをお見せしましょう。



写真、右下の部分がトータルのところなのですが、もし消費税が掛かるなら、そこにGST、PSTというのが出ているハズ。しかし、ありません。

一方、もう1つの伝票には、しっかりとGSTとPSTがあります。



赤丸のところに、GSTとPSTがありますね。
このレシートは何を買った時のものかというと、酒屋に行って、ビールとワインを買った時のものです。

そう、カナダでは、消費税が掛かる場合と掛からない場合があるのです。

普段、僕たちが買う食料品、例えば、野菜、果物、牛乳、魚や卵、シリアル、小麦粉、砂糖、塩などの調味料やスパイス、パン、コーヒーやお茶、そしてジャムなどなど、そういったものには消費税が掛からないのです。

一方、同じ飲食するものでも、ちょっとしたぜいたく品のワインやビールのお酒類、ポテトチップス、ポップコーンなどのスナック類、ケーキやドーナッツ、炭酸飲料など、そういったものには消費税が掛かります。

ちなみにドーナッツは、6個以上包装されていれば、食料品とみなされ非課税になるようです(笑)。このルール、おもしろ過ぎ!

ともかく、普段の食糧に関しては、消費税が掛からないのは、ありがたいですよね。


GST 5% だけ掛かりPSTが掛からないものもある!


カナダの消費税で、さらに混乱させるものとして、GST(5%) だけ掛かりPSTが掛からないものもある!ということです。これは、どれだけぜいたく品かによるのですが。

以下のモノは、GST(5%)のみ掛かります。

学校で使うような文房具類、雑誌、子供の衣料サイズ、布のおむつ(注:紙おもつはぜいたく品とみなされているようだ。)、お菓子類、レストランなど外食、電気代、タクシー代、薬、スポーツヘルメットなど。


凄く大ざっぱな解釈すると、
人間生活において、絶対に必要な食料品は、消費税が掛かりません。
次に、まずまず必要というモノやサービスに関しては、GSTだけいただきます。
あとのぜいたく品は、容赦なく消費税12%いただきますよ、ということなのである。


だけど、カナダのこうした解釈がおもしろいんですよね。
先のドーナッツ6個以上なら非課税の話しかり。

あと、ここまで書いて思ったけど、絶対に必要なものとして、トイレットペーパーがないんですよ。つまりトイレットペーパーは、GST、PSTの両方が掛かるということなのだけど、じゃあ、水で洗えってこと? 昔、田舎に行くと、トイレットペーパーの代わりに新聞紙を使うという人がいたけど、そうしようってことなのかな(笑)。
ともかく、トイレットペーパーは、ぜいたく品というか、絶対になくても大丈夫だろ、と思われている商品になっているのです。


じゃあ、ここでクイズ!
以下のものは、GSTとPST両方掛かるものか、GSTだけ掛かるものか?



タオル、ハンカチ
掃除機
台所用品
清掃、洗濯用品
タバコ
結婚プランナー費用

さあ、どう?


答えは、なんとタオル、ハンカチ、掃除機、台所用品、清掃、洗濯用品は、容赦なく12%もの消費税が掛かり、
タバコ、結婚プランナーは、GSTだけが掛かるのです。

もう、ワケがわからないね(笑)。


以上、カナダのおもしろい消費税事情を話したけど、僕が何が言いたいかというと、日本でもこういう議論があってもいいなじゃない?ということ。
つまり、低所得者で普段の食料品の購入を買う人、そういう家族とか大変でしょ? でも、カナダのように、消費税が無料なら普段の買い物がずいぶんと軽減されます。

一方、何かレジャーや趣味などに使う費用は、高めの消費税でもいいんじゃない?って。

なんかこのルールの方が、国が豊になると思うけど。どうでしょうか?


以下、カナダBC州政府からリリースしている消費税情報ページ
http://www2.gov.bc.ca/gov/content/taxes/sales-taxes/pst





0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!