シャントレル

おすそ分けの松茸をいただき、一昨日は松茸のバター炒め、昨日は松茸ご飯をいただき、俄然!松茸モードです。

というわけで今日は横着せずに近所の森ではなく、ウィスラーから北へ車で走らすこと10分ほど。
誰にも教えたくない、秘密のスポットへ行きました。

相棒はもちろんチャーリーくん!




森に入ると、本当に気持ちいい。
特にチャーリーといっしょだとピースフルな時間。
先代チャーリーが付けていた形見の鈴を付けて、熊やクーガーが近寄って来ないように備えます。
その鈴の音が、なんとも心地よくて。

森からのマイナスイオンというのかな。気分をすっきりさせてくれます。
この時期ならではの森の匂いも好きです。
特に松茸エリアは匂いが強くなり、それがなんとも自然を感じさせてくれていいんですよ。

まさにリフレッシュしたいという方には、素晴らしい空間。
極端な話、都会で疲れた方は、カナダに来て森を散歩するだけでもいいのではないか、なんて思ってしまいます。
観光地とか行かなくても、ね。


さすがにシークレットなスポットなんで、誰にも会うことはありません。
もちろん、行く人は行っているスポットだろうけど、誰にも会わなかったです。
マッシュ類も多く、かなり見つかるんだ気分を上げてくれました。


しかし、見つからなかった~。残念。
きっと、僕が歩いた近くにいたのだろうけど、見つけてあげることができなかった・・・。

でも、こんなマッシュたちと出会いました。




木の周り一面の椎茸のような。なんか凄いでしょ?


この木から生えていた奴は、驚いたことに松茸と同じような匂いを発していました。
だから、食べられるのかもしれない、と思いました。

この時期の森には、たーくさんのマッシュが生えているのですが、松茸の匂いが独特で決定的なんです。
だから、松茸って一番間違えにくいマッシュなんです。
でも、こんな似た匂いのマッシュがあり、とても驚いたわけです。


家に帰って、パソコン仕事などした後。
夕方前に、再びチャーリーの散歩に。
実を言うと、昨日、すでに見つけていたシャントレルを探しに行きました。

昨日持って帰れば良かったんだけど、なんとなく躊躇しちゃってそのままにしておいたものです。
自分の知っているシャントレルは、オレンジっぽいのが主。だけど、それはホワイトだったんです。
ホワイトのシャントレルがあることも知っていたのだけど、あまりにも大きくて。あとで知ったのだけど、ジャイアント・ホワイトシャントレルなんて呼ばれているらしいです。

でも、昨夜、カナダBC州で発行されたマッシュルームの図鑑を見ていて、改めてあれはシャントレルで間違いない!と思ったのです。
しかも、高級食材みたいなことも記載されていて、うわあ、取って来なくてしまったなあ、と思っていたので。
もし、またあの場所にあったら、今度こそ採って来ようと思ったのでした。



この筋状マッシュ、間違いなくシャントレル!



大きいでしょ!

バターで炒めていただいたけど、いやあ、うめえ!うめえ!!

松茸よりもずっと柔らかいのに、不思議なほど歯ごたえがあって。
癖はなく、だけどちょっと森の香りがして。
うん、この時期に採れるマッシュの中では、おいしさではピカイチだ!
採れた時の感動は、松茸よりも薄れるものがあるけど、シャントレルの方がおいしい、と思いました。


コメント