2015年11月9日月曜日

武藤嘉紀が存在感抜群!マインツがヴォルスブルクに勝利

さあ、武藤嘉紀が先発したマインツ対ヴォルスブルクの試合レポート。
なかなか日本のテレビや報道では伝わり難い印象を写真を共にご紹介しますね。

全体的な試合の印象としては、武藤の存在感の大きさです。
献身的によく走るし、その速いスピードの中で確実なプレー、また攻撃センスを見せてくれました。
他の選手は、「えっ、こんなミスをするんだ!」というパス・ミスなどもあり、色眼鏡かもしれませんが、武藤選手だけが飛び抜けた存在のよう見えました。
それだけに、地元のマインツのファンは武藤に好意的で、日本人の僕と目が合うたび試合中や
スタジアム「MUTO」と連呼してくれました。

(試合前のセレモニー。みんなでマフラーを掲げて大合唱。僕の好きなブンデスの一面です。)

(キックオフ時。勝負に賭ける武藤の厳しい視線。)

(始まって5分ほどのところで相手チームがまさかのレッドカードで退場。その時、キーパーがわざわざ武藤のところに駆け寄り、これからの試合のアドバイスを伝えていたようでした。)

(武藤が起点となり、最初のゴールを演出。喜びを爆発させて選手にハグ。)

(60ユーロで取った最前列。左サイドなので武藤の間近の迫力あるプレーを堪能しました。)

(試合中、しきりに右膝の痛みを気にしていた武藤。痛いのに我慢しながら、全力プレーしていました。)

(試合が終わって武藤にハグしに行くシュミット監督。武藤へ大きな信頼感!)



偶然!シュミット監督が近くにやって来て記念撮影したオジサン

試合が終わって全身で大きな喜び表現をしていたシュミット監督。そのまま僕たちの方に歩いて来ました。どうやら知り合いの友人がいるようです。その方と握手した後、息子さんかお孫さんか、記念撮影に応じていました。ちょうどその場にいた僕の相棒も撮影おねだり。すると、こころ良く応じてくれたのです。この日、3万人以上もの観客がいて、こんな幸運に巡り合うなんて、ラッキーですね!僕は、2メートル外れて残念ながら、いっしょに撮影することができませんでした。




●関連リンク

ビールは特別カードがないと買えない!マインツのスタジアム 

マインツ ファンショップ

バスでスタジアムに到着した武藤嘉紀と遭遇!

フランクフルトからマインツのスタジアムの行き方

フランクフルト空港からフランクフルト中央駅の行き方

バスでスタジアムに到着した武藤嘉紀と遭遇!










0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!

人気ブログ記事