2015年11月9日月曜日

ドルトムント対シャルケ戦 ダフ屋で買った結果とんでもないことに!

僕たちはチケットがないまま、ドルトムントに向かいました。
以前の日記でも書きましたが、このドルトムントのブンデスリーグ戦のチケットを海外から取るのは至難の技。まあ、現地で買えなかったら仕方ない。そのためにマインツ戦のチケットをしっかり買ったので、しょうがないと。

ドルトムントのスタジアムに到着して、早速、最初に来たダフ屋と値段交渉。チケットは125ユーロとのこと。悪くない。日本で手配するなら8万円ほどするチケットが1万6千円ほどなんて。その後も何人かと話したけど、値段交渉はできるけど、基本はすべて125ユーロでした。だけど、まだ高い買うことはない。100ユーロまで下がる時間が来ると踏み、ファンショップで待つことにしました。

ファンショップで息子のお土産を買った後、再び外に出ると最初の一発目に来た奴が、一気に100ユーロまでOKとの交渉に。おっ、早!やはり時間が経つといけるんだな、と思い購入することにしました。というのも、もう選手も練習も行い、まさに試合が始まる時間だったので。



会場に入ると、香川選手の新しいジャージーを来た相棒が止められました。このチケットではこのシャツは着れない、と。えっ、まさかシャルケ側のチケット!?
交渉した時は、32ブロック。2階ど真ん中の最高の席だと思ったのに。ダフ屋はうまくブロックと列を混合させるように指で隠し、嘘ついて32列の59ブロックを売りつけたのです!この59ブロックというのはおもいっきりシャルケの席で。バックにドルトムントのユニフォームのような商品を入れておくのも危ないと係りが言うのです。マジか!?

実際、席に着くと異様な熱気。周りのすべてのシャルケ・ファンは立っているので、座って見ることができない。2、3メートル先に警察の団体が来て監視。かなり物々しい雰囲気。それにシャルケのファンがうるさいうるさい。耳をつんざくように大声で歌いまくるのです。



こりゃあドルトムントの応援なんて到底できないや、とあきらめていました。しかも、みんなピョンピョンと飛び跳ねて応援している中、逆に何もしない方が怪しい存在という事態に。

そんな中、最初の先制ゴールはなんと香川のヘッド!!
いやあ、ビックリ。内心おもいっきりガッツ。しかし、喜べない。トホホ。
その後、すかさずシャルケがゴールを決めて笑うしかありません。

その後、ドルトが決めて2-1に。シャルケ・ファンが黙る展開に。

しかし、前半が終わって、この雰囲気にいたたまれなくなった僕たちは、あきらめてスタジアムを出ることにしました。
そのまま当初の予定通り、チケットが買えなかった時、スタジアムの外にあるドルトムント・ファンに熱気あふれるバーに行ったのです。

いやあ、一気に居心地最高!みんな僕たちが香川ファンという感じが出ていたのか、声を掛けてくれます。
しかも、後半早々ゴ~~~ル!!!みんなでハイテンション盛り上がり!待っていたよ、この気持ち。

そう、サッカーってこのゴールの瞬間の喜びのために観戦するようなもの。しかも、現地で現地のファンと共に喜びを分かち合う。僕たちドルトムント・ファン、サッカー・ファンが一気に一つになれる瞬間。これこそサッカーの醍醐味ってやつです。

その後、1点取られて3-2の展開にハラハラドキドキしたけど、見事にそのまま逃げ切り勝利!
ドルトファンのみんなとフィナーレの喜びを分かち合いました。

ハラハラドキドキのダービーマッチでした。





●関連リンク

ドルトムントのチケット獲得はなんとかなるさ!
http://fusaki.blogspot.co.at/2015/10/blog-post_15.html

ドルトムントのチケット獲得奮戦中
http://fusaki.blogspot.co.at/2015/10/blog-post_13.html




0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!

人気ブログ記事