最終戦に桜満開!

楽しみにしていた大河のサッカーチームの最終戦。
すでに今季のリーグ戦は終了し、負けばっかりの散々な結果に。
だけど、今日、おまけのようにあったカップ戦です。勝てば生き残り、負ければ終わりというノックダウン方式。ここでぜひとも勝ち残ってほしいところ。



ところが、今日も散々な結果で。
我がチームは1点も取れずに、あえなく0-3で敗戦。
負けた本人はケロっとしているようで。ショックだったのは、お父さんだけなのか・・・。


帰りに買い物でスコーミッシュに寄ってみると、桜が満開!
きれいでした。
この桜、なんという種類なのだろう?


そもそもバンクーバーに桜がやって来たのは、1930年にも遡るそうです。
きっかけは、日系カナダ人戦没者慰霊碑に追悼の意を込めて、神戸市と横浜市が500本もの桜の木をスタンレーパークに寄贈したこと。

現在、桜はバンクーバーではいたるところにあり、この季節の街を彩っています。

大河のこれからのサッカーも、桜満開のような鮮やかな世界になるといいな。



コメント