2016年8月17日水曜日

カナダでは中三バイトはあたり前

この夏、大河はお世話になった地元ウィスラーのサッカー・クラブでコーチをしています。


大河にとっては、お小遣い稼ぎにもなり、ちょっとしたアルバイトですね。
カナダでは中三バイトはあたり前で、大河と同年代の子供たちは、レストランで皿洗い、バッサー(食事を下げる仕事)、ゴルフ場の玉拾い、コーヒー・ショップの店員などしています。

こうしてアルバイトして稼いだお金で、ほしかったMacノートを買ったりするわけです。
大河の場合には、きっとサッカーシューズでしょう。

もう大河の足は大人サイズで、ほしいサッカーシューズとなると、だいたい300ドル(およそ3万円)以上するものが多いから、自分で買ってくれるのは親として助かりますね。

子供の中には、普段から皿洗いのバイトで結構稼いだり、近所では、稼いだバイト代で海外旅行に行ったりする子もいて、頼もしいなあ、と思いますね。

僕自身は、大河に皿洗いのような仕事は、やってもらわないで結構。その分、今は勉強やスポーツに頑張ってほしい、と思っています。そう言うと、「甘やかしている。」というご意見ももらうことはありますが、掃除、洗濯、食事の片づけなどは、普段の生活の中で教えているし、実際にやってもらっているし。今は、今しかできないことを一生懸命にやってほしいのです。

とは、言うものの大河の夏休みの勉強時間は、せいぜい20分程度で。空いている時間は、ポケモンGOをやったり、家の裏の川でラフティングなどしているのですが。
まあ、それも今しかできない遊びということで、OKかな。



きっと日本の中三というと夏休みは受験勉強やクラブ活動などで大変だと思います。
本当、子供は時間なく精一杯、頑張っているというか。
そこへ行くと、カナダの方は、とっても緩~い。スーパーリラックス。

こうした文化の違いが、欧米人はのんびりしていて、一方で早く社会の仕事に携わることで、大人びた子供が多いのかな、と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!

人気ブログ記事