2018年6月25日月曜日

海外に住んでいる方で日本へ一時期帰国&旅行する方は旅行保険オススメ!

普段の生活で、そうそう怪我をしたり、ちょっと重い病気がなることはないけれど。
旅行中に、万が一に事故や大病したりしてしたら大変。多くの方は、日本から海外へ行く時には気にしている海外旅行保険だけど、逆に日本へ帰国したり旅行する時には、「保険」って忘れていませんか?



僕もそうです。
よく忘れます。

考えてみたらギャンブルですよね。
普段、ウィスラーでスノーボードをしていて、怪我をして治療費が掛かるようなことがあっても、完全にカナダの保険が守ってくれます。ブリティッシュ・コロンビア州に住む僕にとっては、BCメディカルがサポートし、お医者さんに行った時に掛かる治療代は、なんと無料。
でも、日本で一時帰国して、スノーボードをしている時に、万が一骨折したら。保険がないんです!大変な治療代が掛かります。

で、一昨日、息子が4年ぶりに日本へ行ったのですが、お袋からこんな指摘を受けました。
「大河の保険は大丈夫かい?万が一、病気になったり怪我したり、代金どうなんだい?」

すっかり忘れていました。
すぐに、バンクーバーに支店がある旅行会社に電話。保険を購入しました。(以下、いつも利用している保険会社。)

Bridges International Insurance Services
https://www.biis.ca/multi-language/j/

日本語も対応してくれるので、英語が苦手な方も安心。電話でのお申込み、インターネットからのお申込み、両方受け付けています。

ちなみに、このブリッジス・インターナショナル保険サービスでは海外旅行傷害保険の他、年間旅行保険、留学生保険、留学生保険、ワーホリ・ビジター保険、スーパービザ保険、旅行キャンセル保険、旅行中断保険、グループベネフィット、歯科医療保険(個人、個人事業主、法人)など事故傷害、疾病保険を取扱っているので、気になる方はお問い合わせしてみるといいでしょう。


気を付けたい保険請求時の免責額

ところで、今回、僕はネットで申し込みしたのですが、保険会社から電話が掛かって来ました。
保険請求時の免責額のことです。

「免責額」って何だろう?

と思って、説明を聞くと。
例えば何らかの治療費が掛かった場合、$250までは自分の方で負担しないといけないということです。
よく車でもありますよね? 窓ガラスなんか壊れて、数千ドルとか必要な修理代でも、自分の方で、300ドルまでは負担しないといけないとか。

保険会社の説明では、例えば食中毒かなんかの治療代が掛かった時、おそらく$250以内であろう、と。仮に5000円掛かったとしたら、その分は、$250以内の額だから、全額僕の方で負担しないといけないということです。

なるほど。で、その免責額を$0にすると、いくら掛かりますか?と尋ねると、
「6ドル」とのこと。

それは掛けておくでしょ!ということでお願いしました。
約1か月ほど日本へ行く息子の旅行保険額は、66ドルほどに。
これで、$10,000,000、約900万円ほどのカバーをしてくれるので、まず安心。
安心代に66ドル払いました。

これから日本へ一時期帰国、旅行に行く方など参考にしてみてください。

ちなみに、この保険は、カナダ州保険加入者向けとなっています。また違った保険を持っていると、変わって来るので気を付けましょう。
何はともあれ、日本へ一時帰国した時の保険がカバーできているか、確認が必要ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!

人気ブログ記事