カナダの市民権がなくて困ること

家でデスクワークしていたら、ドアを叩く音が。
叩く音からして、クレアのお友達とか、子供の感じがしない。
時々、アフリカの子供が困っているとか、カナダの森を守ろうとかの類に募金回りが来るけど、その手のものか?と思ってドアを開けると、二人のオバサンが立っていた。

彼らの要望は、選挙に自分の応援している人に一票入れてほしい、ということだった。
「申し訳ないけど、僕は選挙権がないんです。」とお断りした。


よくカナダに住んでいると、どんなビザをお持ちですか?
カナダ人になったのですか?なんて質問してくる方がいる。

もちろん僕はカナダ人が持つパスポートを持っていない。
日本は、二重国籍を認めない国だから、日本とカナダの両方を持つことは許されないのだ。
確か、子供たちも二十歳ぐらいで、日本かカナダのどっちか選ばないといけない。
ひじょうに残念なことだけど。

自分の友人には、イギリスからやって来て、イギリスとカナダの両方のパスポート所持をする人もいる。
これまで会った方の中には、カナダとアメリカのパスポートを持っている人もいた。

日本人であることは素晴らしいことだけど、日本はこの手のルールは窮屈だ。
島国根性というのか、閉鎖的というのか。

カナダに住んでいるからかもしれないけど、これほど単一民族だけが集まっている日本の国というのも、むしろ世界的に珍しいカントリーな気がする。
ウィスラーに住んでいれば、自分の上司や先輩が、オーストラリア人だったり、ニュージーランド人だったり、イギリス人であったりするのはあたり前だけど、日本だと外資系で働かない限り、そういったことはないだろう。

そういった意味では、活力が生まれないのではないだろうか。

もし、僕の子供たちが、二十歳になっても日本人であることが認められれば、彼らは気軽に日本での仕事も選択できるのに。
それは、日本の社会の活性するにも役立つことになると思う。今、世界には日本人とどこかの国のハーフの子供たちがたくさんいるのに、彼らは片方の国籍を捨てなければならないのだ。残念なことである。2つの国の文化や言葉を持っていることは、どこかの会社で働いてもきっと重要な戦力になるに違いないのに。


僕自身は、カナダ人でないことで、困ったことはほぼない。
元々、カナダの政治に参加する気もないので、選挙に行けなくてもいい。
カナダへの出入国で、カナダ人でないことはちょっとだけ困ることがある。例えば、親戚一同で車でアメリカに遊びに行った時、僕がいるためにアメリカ入国で時間を費やすことがあるからだ。

あと、困るというか面倒なのは、カナダの永住権保持者 (Permanent Resident)の人が持つ、PRカードってやつの毎5年ごとの更新。
あのドキュメント(書類)を作成するかと思うと、ゾッとする。5年に一度、頭が痛くなる。
特に、カナダから出国している日数が、3年レベルとかになると、面倒なことが起こる。再度面接したりしないといけないし。もし、ウチの母親が看病が必要になったら、日本に長く滞在するケースだって出てくるだろう。

自分は、この5年間の中で1年以上カナダを離れたこともあり、その点ちょっと心配だ。
まあ、合計3年間も及ばないので、大丈夫だろうけど。移民管から多少不思議られてもおかしくないので、チェックが入ったりして。

どちらにしても、自分がカナダにいなかった時期は、正しく記載する必要があってこれが面倒。
海外旅行していた期間をこと細かく書くので、見え難いパスポートの日付け印とにらめっこだ。
ヨーロッパに行った時など、押してないところもあるので、自分の過去ブログも参考にする。
ああ、面倒。こんなこと書いていたら、また頭痛くなっちゃったよ(笑



コメント