2017年5月24日水曜日

カナダに来たらオススメのビール

最近、ウィスラーの方もずいぶん暑くなって来て。ビールがおいしい季節になりました。
そこで、今日は、カナダに来たらオススメのビールをご紹介。

最近、自分がうまいなあ、と思うのは、かなり直球だけど、これ!



もの凄く普通の回答で恐縮しそうだけど、カナダを代表するビール、モルソン社のカナディアン。
日本の第三のビールのような軽いビールなんだけど、ほのかに麦芽感が得られるんですよ。

このビールを飲んだきっかけは、ある日、いつものビールがないことに気づき、仕方ないので酒屋に行きました。そしたら、冷蔵庫の中で販売している冷えたビールは、これとあと数種類しかなくて。まあ、カナディアンでも買ってみるか、と飲み始めたのです。こうして、冷えたビールを買わないといけない日が何度かあって。あれ、もしかしたらいつも飲んでいるビールよりもうまいかも!?と思い始めたわけです。そして、今ではフサキ父さんのメイン・ビールに昇格!

じゃあ、これまで飲んでいたいつものビールとは何かというと、これなんです。



クートニーというBC州では密かに人気があるビール。
売りは、No Preservatives(防腐剤無使用)。
これも喉ごしさっぱりで、まずまずの麦芽なティストも。

買ったきっかけは、他のメジャー銘柄のビールよりも6缶が1ドルか2ドルほど安かったというだけの話なんだけど、飲んでみたらどんどんハマっていった感じです。

気づいたらお財布にやさしいクートニーが大好きに。

ところでカナダで6缶ビールを買うと、だいたいタックス込みで10ドル前後。ちょっと日本よりも高いかな。値段表示よりも、タックス分高くなるので、そのことを理解しておきましょう。

ちなみにあまり旅行者の方はやらないと思うけど、ビールの空き缶を返すと、1本に付き10セントもらえますよ。例えば24本入りのケースを買って、そのまま空き缶を返すと2ドル40セントもらえるので、酒屋で買う時に空き缶を返すといいかもしれませんね。もちろん200円ごとき面倒!と考える方は、そのままホテルや宿においておけば、きっとクリーニングのオバサンの小遣い稼ぎになります。


そして、僕のカナダ生活25年以上という中で最も飲んで来たのが、これ。



カナダのバンクーバーやウィスラーに来た人なら、絶対あるあるですね!
そう、コーカニーです。

切れ味抜群のスッキリ。日本人の多くの方に親しまれるティストだと思います。
以前、BC州に旅行した方は、このコーカニーの写真を見ただけで、再び訪れたい!と思うかもしれませんね(笑

だけど、凄いひねくれた見方すると、これって日本の発泡酒じゃないかい?とも思ってしまうくらい軽いティスト。
何しろ、麦芽な感じがほぼ感じられないので。

ということで、最近はすっかりご無沙汰なコーカニーくんです。



まとめに入ります。

カナダに来る飛行機の中では、ぜひカナディアンをお試しください。
カナダ(西側)に来たら、コーカニーを!きっと好きになると思います。
そして、現地に入ったら、いろいろ試してみるといいですよ。ベースにコーカニー6本買っておいて、その他、酒屋に1本買いコーナーもあるので、それでいろいろ試してみるといいでしょう。そして気に入ったら6本買いを。

ヨーロッパのように、とんでもなく安く、マズいビールはないです。
日本よりもバラエティに富んだ味のビールがあると思うけど、ほぼほぼ大丈夫なティストのビールが多いです。
ぜひ、今回の日記を参考に、様々なカナダのビールをチャレンジしてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

オススメ記事

カナダのウィスラー生活6つの良いところ!

人気ブログ記事